Functions
for Cross Browser
CopyRightFree
IE4,IE5,NN4,NN6 の DOM / DHTML を互換させるために作ったオリジナルファンクションです。著作権フリ−ですので、よろしければご自由にお使いください。DHTMLを解釈出来ないブラウザでは何もしません。
*「だれでもカンタンDHTMLサンプル集」(秀和システム)収録フリーファンクションのバージョンアップ版になります。

あなたのブラウザがサイドバーをサポートしているなら このページのサンプルリストをサイドバーへ追加できます。


visibility
showLAYER() 表示属性set(表示)
hideLAYER() 表示属性set(非表示)

left,top
moveLAYER() レイヤ−移動
moveByLAYER() レイヤ−移動(対現在地)
slideLAYERs() 複数レイヤ−スライド


HTML出力
outputLAYER() HTML出力



Layer関連の問い合わせが増えてきました。「NN6でLayerが動かない」というものです。Mozillaは新しいエンジンを0から作り始める時にW3C準拠へ全力をそそぐため多くの議論の末、Layerのサポートから決別しました。そのかわり、Layerの機能はW3CのDOMに対応することで実装しています。つまり、W3C-DOMに準拠した書き方をすることでクロスブラウザなDHTMLの記述は可能なわけです。
MozillaのメリットはIEと違ってWin以外でも同じように動く(IEMacとIEWinの動きは違います)ということです。そして、それがオープンで中立的な仕様に準拠しているということはLayerをサポートしなかったマイナスを補い、また、それ以上にサポートすることによって傷口を拡大することを避ける意味も大きかったと思います。捨て身の選択という感じですねf^^;。-- 2000.11.21

この辺も見てね。
Open Directory Project - domz
Tests of JavaScript/DHTML for Gecko&IE5
Mozilla's DOM Sample Project: List of Sample Pages
MDSProject
Mozilla の憂鬱